「グリーンブック」 ネタバレ感想/動画を【フル・無料】で視聴出来るサービスは?

【グリーンブック】をフル動画で無料で見る方法

映画を無料で見る方法として、動画配信サービスの無料期間を利用する方法があります。

【グリーンブック】【U-NEXT】で視聴することが出来ます。



動画配信サービスの無料期間というのは“おためし期間”であり、無料期間内に解約手続きをすれば料金はかかりません。

U-NEXTで無料視聴/

ービス名 無料期間 無料視聴
U-NEXT 31日間

 

【グリーンブック】の動画配信サービスが開始されましたが、すべての動画配信サービスで配信されている訳では無いようです。大手サービスでも配信が無いところもありますので、注意したいところです。

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください

「グリーンブック」の感想あらすじ

【キャスト】

ヴィゴモーテンセン、マハーシャラアリ、リンダカーデリーニ 他

【あらすじ】

1962年アメリカ、ニューヨークでトニー(ヴィゴモーテンセン)はナイトクラブの用心棒をしていた。

改装工事のため職を失ったトニー。そんな時アメリカ南部を回るツアーの運転手の仕事を紹介される。

そして、トニーは面接先でありツアーの主役のドンシャーリー(マハーシャラアリ)の元へ出向く。

黒人に対する偏見意識のあるトニーとうまくかみ合わないものの、採用を決めたドンシャーリー。

が、気の合わない二人の旅程はしょっぱなから波乱含み…。

8週間のツアーを無事に回り終えることが出来るのか?

実話を元にトニーの息子であり脚本家である、ニックヴァレロンガが参加製作し、数々の賞にノミネート・受賞している話題作。

ちなみに「グリーンブック」とは当時の黒人旅行者がモーテル、レストラン、給油所を見つけるためのガイドブックのこと。

トニーはこれを頼りにツアー各地へ赴いていった。

「グリーンブック」のみどころ

・出てくるのはほとんどおじさん2人!なのになぜだか面白い!

 

・ロードムービーであり、音楽ムービー、そして謎解きムービー

 

・おかしな不思議な3人のラブレター

出てくるのは、ほとんどおじさん2人!なのになぜだか面白い!

黒人天才ピアニストのドンシャーリーと白人運転手、用心棒のトニーヴァレロンガ。

映画に出てくるのはほとんど二人だけ。

 

なのに、この2人のやり取りだけで超絶に面白い。2人があからさまにズレていて、そのギャップが笑えるんです。でも、その違いすぎる2人がだんだん分かり合う、融合していく様子も面白い。

たった(ほぼ)2人しか登場しない映画。

だけど、1人の人間の経験、成長、深みを丁寧に描いているように思えます。

ロードムービーであり、音楽ムービー、そして謎解きムービー

2人はアメリカ南部を二か月かけてツアーとして回ります。

景色、季節の移り変わり、そこに映る黒人の暮らし。

この映画は、ロードムービーであり、その断片を流れる音楽ムービーでもあります。そして謎解きムービーでもあります。

 

なぜドンシャーリーは、かたくなに戦い続けるのか、挑み続けるのか?

アメリカ南部という黒人差別意識の非常に強いエリアをなぜツアーで回るのか?

 

ニューヨークにいればもっと楽して、もっと好待遇で、もっと高額を稼げるのに、なぜ?

そこに彼の苦悩からくる哲学、挑戦、覚悟が見え隠れします。

 

ヒントは「勇気が人の心を変える」。

 

彼が一番幸せそうだった会場はどこでしょう?

彼の演奏に一番興奮して、楽しんだ観客は誰でしょう?

2人の人生を大きく変えてくれたこのツアーの醍醐味を見ている私たちも味わえます。

おかしな不思議な3人のラブレター

トニーはツアー出発の際、奥さんに手紙を書いてくれとお願いされます。

この時、即答せずかなり渋ったトニー。それもそのはず、旅先でのトニーの手紙は女性からすると…。

 

そんなトニーに、ドンシャーリーは手紙の文面のアドバイスをしていきます。

ほぼ丸写ししたにもかかわらず、トニーのラブレターにうっとりする妻ドロレス。

ロマンティックで情緒ある文面。

でもいつからでしょう、ドロレスはこのラブレターはトニーではなく、ドンシャーリーによるものだと気づくのです。

 

そしてクリスマスの夜に初対面、手紙の中の恋人に感謝の念を伝えます。

きっと気づいたとき、主人とドンシャーリーの関係も良好であると確信したことでしょう。

U-NEXTで無料視聴/

「グリーンブック」のキャストの魅力

リンダカーデリーニ

主人公トニーの妻、ドロレスを演じています。

温かみのある美人と言えば良いでしょうか?

存在自体がとてもチャーミングです。

トニーに対する愛情深さ、旅先から届くラブレターに心躍る様子、そしてその実の書き手であるドンシャーリーに対する感謝と親愛の情。

いろんな意味でこの映画のヒロインにふさわしい存在感です。

ヴィゴモーテンセン

主人公のトニー“リップ”ヴァレロンガを演じています。

運転手、用心棒としてドンシャーリーのアメリカ南部演奏ツアーに同行します。

採用時、黒人に対する偏見モロ出しだったトニーですが、彼の演奏、影、苦悩を見聞きするにつれ、深い友情の意識が芽生えます。

粗野な雰囲気、口の利き方、そして意外と気持ちの真っすぐなトニーらしさが違和感なく楽しめます。

マハーシャラアリ

もう一人の主人公ドン“ドクター”シャーリーを演じています。

幼いころからピアノの英才教育を受け、知的で天才だけれどそれゆえ人生を楽しめていない黒人ピアニスト。

この映画は主人公2人のやることなすことまるで正反対な感じがコメディの視点で描かれていて、そういった意味でドンシャーリーの生真面目さ、その演技が際立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA