「チェンジリング」は、戦慄のノンフィクションミステリー作品!!

「チェンジリング」の感想あらすじ

【キャスト】

アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、ガトリン・グリフィス、コルム・フィオール、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイソン・バトラー・ハーナー、デヴォン・コンティ、マイケル・ケリー他

【あらすじ】

1928年ロサンゼルス。

クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)はシングルマザーで、電話会社に勤めていた。

ある日、休日に急な連絡が入り、9歳の息子のウォルター(ガトリン・グリフィス)を一人残して仕事に出掛ける。

帰宅すると、ウォルターの姿はどこにもなかった。

クリスティンは警察に捜査を依頼し、5カ月後に息子が保護されたと連絡を受ける。

迎えに行くと、それは息子ではなく全くの別人だった。

息子はどこに行ったのか・・・。

この少年は一体誰なのか・・・。

1920年代に実際に起こった事件を元に映画化されたノンフィクションミステリー。

「チェンジリング」のみどころ

・帰ってきた息子は全くの別人

 

・本当にあったゴードン・ノースコット事件

 

・ほんの少し救われるラスト

帰ってきた息子は全くの別人

ある日、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、9歳の息子のウォルター(ガトリン・グリフィス)を一人残して、急な仕事に出掛けます。

クリスティンが帰宅すると、ウォルターの姿はどこにもありませんでした。

クリスティンは警察に捜査を依頼し、5カ月後に息子が見つかったと連絡を受け、迎えにいくのですが、それは息子とは全くの別人でした。

しかし、少年は、「ママ!」と言いながら、クリスティンに抱きついてくるのです。

この様子は、まだほんの子どもなのですが、見ていて気味が悪かったです。

ママじゃないと分かりながら、ウォルターになりすます少年・・・。

まだまだ本当の母親が恋しい年齢でありながら、この時代の社会情勢や貧困がそうさせるのでしょうか。

自分はウォルターだと図々しく主張する態度に、見ているこちらまで恐怖と苛立ちを感じました。

本当にあったゴードン・ノースコット事件

映画「チェンジリング」は実話を元にクリント・イーストウッドの手によって映画化された作品です。

ウォルター少年が誘拐されたこの事件も、実際に起こったゴードン・ノースコット事件が元になっています。

1920年代、カリフォルニア州で養鶏場を営んでいたゴードン・スチュアート・ノースコットは、14歳の甥をひきとりながら生活していました。

1928年、アメリカのラ・プエンテの溝の中で身元不明のメキシコ少年の首のない遺体が発見されます。

それが発端となり、ゴードンが何人もの少年を誘拐しては養鶏場で監禁、わいせつ行為をし、殺害していた事件が明るみに出るのです。

この中にウォルター・コリンズも入っていたようです。

何とも残忍な事件です。

私も同じ年頃の子どもがいるので、この事件を知って涙が出ました。

何の罪もない小さな子どもが、身勝手な大人の欲望のために殺害されてしまう・・・

現代の日本でもまだ繰り返されていますよね。

こんな事件はもう二度と起こって欲しくないと、切に願うばかりです。

ほんの少し救われるラスト

苦しくて胸の張りさけそうな映画なのですが、私はラストに少し救われました。

事件が起きた7年後、ゴードン・ノースコット(ジェイソン・バトラー・ハーナー)に誘拐された一人の少年の母親から、息子が見つかったと、クリスティンに連絡が入ります。

クリスティンも警察に急いで向かい、一緒に立ち会うことにします。

そこで、その少年はある夜に養鶏場から逃げ出した話を語り始めます。

しかし、その少年が金網に引っ掛かってしまい、ゴードンに見つかりそうになります。

それに気付いて助けに戻って来てくれたのが、息子のウォルターだったというのです。

他人のために自分の危険を顧みずに行動した息子。

自分の元に帰って来ないのはとても悲しいことではありますが、今までの育児にも太鼓判を押されたようで、クリスティンも少しは救われたのではないかなと思いました。

息子のことを一生、一日たりとも忘れるはずはないですが、彼女にも自分の人生を一歩ずつ歩いていって欲しいなと思いました。

「チェンジリング」のキャストの魅力

アンジェリーナ・ジョリー

主人公のシングルマザーであるクリスティン・コリンズを演じています。

私が思うアンジェリーナ・ジョリーといえば、セクシーで大胆でワイルドというイメージだったのですが、この映画ではその部分は封印し、息子のために警察と戦う理知的な女性を見事に演じています。

彼女の新しい魅力が詰まった映画だと思います。

ジョン・マルコヴィッチ

牧師のグスタヴ・ブリーグレブを演じています。

個性的な演技派俳優としておなじみのジョン・マルコヴィッチ。

この映画では、主人公と一緒に警察と戦う牧師として登場します。行動力があり、頼りになる役柄で最高でした。彼の他の作品も見てみたくなりました。

ジェイソン・バトラー・ハーナー

ウォルター・コリンズを誘拐する犯人役を演じています。

この映画では、少年たちを誘拐する最悪の犯人として登場するので、映画を見ているときは大嫌いになりましたが、役柄に反して、笑顔が魅力的で印象に残りました。

普段の彼の画像を検索してみると、とってもイケメンでした。舞台俳優としても活躍されているそうです。これから注目してみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA